その他スケジュール


大人のための「こども応援講座」
第3回 今どきの子どものこころとの付き合い方

2017/09/26
第3回 9月26日(火)10時〜
今どきの子どものこころとの付き合い方

講師:石谷 真一

奈良県生まれ。京都大学大学院教育学研究科臨床教育学専攻修了。教育学博士。
2004年より、神戸女学院大学に勤務。現在、人間科学部心理・行動科学科教授。
専門は発達臨床心理学。幼児・児童の関係発達への心理臨床的支援が主な研究テーマ。臨床心理士。
 

場所:パピオス明石多目的ルーム(明石駅前ビル5F)
   https://papios.jp/floor/5F/ 

定員:各回80名
申込:TEL 078-202-9890(こどもサポートセンター)
8月10日より受付開始 平日10時〜17時まで
※1回ごとのお申込みも、まとめてのお申込みも可能です。

主催:一般社団法人こどもサポートセンター 協賛:こども未来応援基金

*

大人のための「こども応援講座」
第2回 養護施設にいる子どもたちの心

2017/09/13
第2回 9月13日(水)14時〜
養護施設にいる子どもたちの心

講師:藤本 政則

児童養護施設。立正学園 施設長。児童家庭支援センター 虹の丘 センター長。
兵庫県児童養護連絡協議会 副会長。兵庫県児童家庭支援センター協議会 会長。
 

場所:パピオス明石多目的ルーム(明石駅前ビル5F)
   https://papios.jp/floor/5F/ 

定員:各回80名
申込:TEL 078-202-9890(こどもサポートセンター)
8月10日より受付開始 平日10時〜17時まで
※1回ごとのお申込みも、まとめてのお申込みも可能です。

主催:一般社団法人こどもサポートセンター 協賛:こども未来応援基金

*

大人のための「こども応援講座」
第1回 こどもの貧困ってホント?
〜見えない子どもの貧困を見える大人になる〜

2017/08/30
※画像クリックで拡大します。
【大人のための子ども応援講座第1回】
8月30日、当法人主催の講演会「子どもの貧困ってホント?〜見えない子どもの貧困を見える大人になる〜」がおこなわれました。
滋賀県から#幸重忠孝 氏をお迎えし、いわゆる世界の貧困といわれるイメージと日本で起こっている貧困の違いをご説明いただき、そのことによって、子どもたちがどんな状況におかれているのか、どんな気持ちで日々を過ごしているのか、ということ。また、実際に家計簿を使ったワークショップをおこない、子どものいる貧困とされる家庭のお金の使い方について実感していただきました。
会場からすすり泣きも聞こえるほど、皆さん真剣に考えていただき、とても良いお話を聞かせていただいたと多くのお声をいただきました。

第1回 8月30日(水)10時〜
こどもの貧困ってホント?
〜見えない子どもの貧困を見える大人になる〜


講師:幸重 忠孝

社会福祉士。幸重社会福祉士事務所代表。滋賀県教育委員会スクールソーシャルワーカー。
児童養護施設職員、大学教員を経て、幸重社会福祉士事務所を設立。
現在は滋賀県教育委員会のスクールソーシャルワーカーのスーパーバイザー、大学非常勤講師として児童福祉系科目を教えている。
NPO法人山科醍醐こどものひろば理事長としての経験を生かし、子どもを中心に幸せ重なり笑顔が広がる地域作りの手伝いをしていきたいと考えている。
 

場所:パピオス明石多目的ルーム(明石駅前ビル5F)
   https://papios.jp/floor/5F/ 

定員:各回80名
申込:TEL 078-202-9890(こどもサポートセンター)
8月10日より受付開始 平日10時〜17時まで
※1回ごとのお申込みも、まとめてのお申込みも可能です。

主催:一般社団法人こどもサポートセンター 協賛:こども未来応援基金

*

わくわく!おもしろサイエンス
夏休み特別企画 理科実験教室

2017/08/08
※画像クリックで拡大します。
学習支援のなかでもなかなか教えるのが難しい理科。
いっそのこと専門家にお願いしよう!とはじまったこの企画。

なかなか普段見ることのできない理科実験。
お稽古ごとの
上位に最近は入っているそうですが、なかなかのお値段。
そういう意味でも、こうした無料の理科実験教室を開催し、多くの子どもに理科の楽しさを知ってもらうのは大切なことかもしれません。
子どもたちは先生のテンポの良い説明と次々と繰り出される実験結果にくぎ付け。
実際に自分たちで色々な実験もおこなってみました。
最後には、福沢諭吉が描いた科学書!という貴重な品まで見せていただき、大満足の一日になりました。
毎日新聞の記事にもなりました。


栗岡誠司先生による
わくわく!おもしろサイエンス

日時:8月8日 3時半から5時
場所:明石駅前ビル パピオスあかし
   5階キッチンルーム
   
https://papios.jp/access/

定員:先着30名
   参加費無料


神戸常盤大学保健科学部医療検査学科 教授 
明石市教育委員会 教育委員 
兵庫県姫路市生まれ。1974年より兵庫県立学校教員として 38 年。
星稜高校教頭、明石北高校校長など歴任。 
2000 年より神戸新聞紙上に「理科の散歩道」の連載を開始。
幼稚園から小中高大、高齢者まで楽しめるサイエンスショーの講師としても活躍中。 


お申込みが必要です。

新聞社2社が栗岡先生の取材に入る予定です。
 お子さんの写真が新聞紙上に載るかもしれません。
 御了承の上、お申込みください。

 満席になりました。ありがとうございました。


・定員を超えた場合は、先着順となります。お申込みが受け付けられたかどうかは、2〜3日中にご連絡させていただきます。

一般社団法人こどもサポートセンター
〒673-0853 明石市朝霧山手町 8-16
お問合せ TEL : 078-202-9890

後 援 : 子供の未来応援基金 
※アイコンクリックでデータをご覧ください。
pdf データ1データ データ2データ データ3データ データ4データ データ5データ データ6データ

*

「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーinひょうご」に
出展します!

2017/03/12
※画像クリックで拡大します。
3月12日にあかし市民広場(明石駅前再開発ビル2階)で開催される
「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーinひょうご」に
当法人も出展いたします。

こども食堂の理念やあり方について、
講演会やシンポジウムなどを通して考える場です。

詳細はこちら
明石市サイト
http://www.city.akashi.lg.jp/kodomo/jidou_fu_ka/jidousogo/zenkokutour.html 

広がれ、こども食堂の輪!全国ツアー 実行委員会サイト
http://kodomoshokudo-tour.jp 

*

コープの学習会「こども食堂の現状とこれから」に登壇

2017/02/03
※画像クリックで拡大します。

 「子ども食堂の現状とこれから」というコープこうべ主催の学習会に当法人も登壇させていただきました。
いつも連携させていただいている「乙木ワイワイキッチン」さんや尼崎の「そのっこ夕やけ食堂」さんとご一緒させていただきましたので、リラックスした雰囲気でお話させていただけました。
 
 皆さん、貧困対策としてだけの子ども食堂ではなく、すべての子どもの幸せのために、またこども食堂を核とした地域づくり、絆づくりであることなどが、改めて共通認識として確認されました。

また、神戸新聞にも大きく載せていただきました。

3月には「広がれこども食堂の輪 全国ツアー In兵庫」を明石で開催します。
こうした活動が、明石市内全域、また兵庫県全体に広がっていきますように。



日程:2017/2/3「金」13:30〜15:30
会場:明石市生涯学習センター8階 学習室3
定員:30名(対象はコープの組合員が主です。)
講師にはこども食堂立ち上げ関与者や
行政の子育て担当や関連窓口担当者となっています。
当法人も事業例を紹介します。

 

*